気楽な娯楽のパチンコ情報

気軽にパチンコ情報

この画面は、簡易表示です

ダイレクトメールを形で分けるとすると

ダイレクトメールを形で分けるとすると、封筒タイプとハガキタイプに分けることができます。ハガキタイプは封筒タイプよりも、コストを抑えることができると言うのが最大の特徴でしょう。さらに、封筒タイプの場合、中身を見てもらうのに開封しなくてはいけません。それは、手間をかけさせることになります。しかし、ハガキならそう言う手間はかかりません。ただ、スペースが少ないので情報量は封筒タイプには劣ります。だからと言って、だめと言うわけではありません。内容を絞って的確に伝えることに力を注ぎましょう。封筒タイプのダイレクトメールは、前述したようにマイナス面もありますが、情報を豊富に送れると言うのが強みです。場合によっては、ハガキよりも効果を発揮するでしょう。コストのことをしっかり考えて作ることがポイントになります。

ダイレクトメールを送るときに

ダイレクトメールを送るときに、一番やってはいけないことがあります。それは、1回だけ来店した客と、何度も来店している客に対して、全く同じ内容のダイレクトメールを送ることです。ダイレクトメールの効果は少しでも上げたいのであれば、客の来店の度合いによって内容を変えるようにしましょう。これは基本中の基本です。確かに、同じ内容でつくった方が手間もコストもかかりません。しかし、この手間やコストを省くとDMの効果は半減してしまいます。DMを出す場合は、単純に多くの客に送ることを目標としてはいけません。数を打てば当たると考えるオーナーも多いですが、今の時代はそれは通用しないと考えるべきです。本当のお得意様に送るようにしましょう。送る数は少なくなるでしょうが、この方がムダがありません。さらに、効果も出やすいです。

ダイレクトメールについて

ダイレクトメールと言うのは、チラシのように不特定多数の人に送るものではありません。最低でも1回以上来店されたお客さんに出す物です。なので、出せばまた来店してもらえるだろうと考えるオーナーもいますが、それは違います。お客さんの来店頻度によってダイレクトメールの内容は変えなくてはいけません。これを分かっていないオーナーが多いです。お得意様にはふさわしい内容のものを送る必要があります。1回しか来店していないお客さんと同じ内容のものを送っていいわけがありません。また、商売のダイレクトメールばかり出さないと言うことも大事です。お客さんにまた買ってくださいと言う案内だと思われてはいけません。1回そう思われえると、次から読んでもらえなくなります。季節のあいさつだけを掲載したDMを送ると言うことも大切です。

印刷のことなら「プレス・トークダイレクト」へお任せください トレーディングカード印刷など、コミック系。 税込み表記、送料無料(沖縄・離島を除く)、会員登録時に直ぐに使える1000ポイントが貰える。 WEBでは謳ってないが、長期のデータ保存サービスを行っている。 トレーディングカードは、少部数から多種・短納期対応。CDジャケット印刷はSEOでずっと1位をキープ。販売実績豊富で、激安、短納期。 実店舗を構えている(商品の直接引取や相談が可能)。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


top