気楽な娯楽のパチンコ情報

気軽にパチンコ情報

この画面は、簡易表示です

色々なプリンターの印刷クオリティー

プリンターの印刷クオリティーには様々なものがあります。一昔前のインクジェットプリンターでは、印刷速度もゆっくりとしていて、また印刷のクオリティーもあまり高いものではありませんでした。印刷クオリティーの水準は解像度と呼ばれていて、プリントされる解像度の高いプリンターはクオリティーが高く、画像や印字をとても綺麗にプリントアウトをする事ができます。仕上がりが綺麗なだけでなく、高画質にプリントアウトができるプリンターはインクの消耗量も少なく押さえられている機種が多く、そして様々な機能も付随されています。その機能とは、プリンターの機種にもよりますが、一例として静音機能が付いた印刷モードを備えているプリンターがあります。

プリンターの動作音は深夜にプリントを行っている場合などでは気になる事がありますが、プリンターの印刷を行う速度を下げて印刷を行う事によって、プリンターの動作音を低く抑える事ができる機能です。この機能はタイマー機能と連動をさせて、夜間において動作音を低く抑える事ができるようにしたり、日中は通常のプリント速度にてプリントを行うといった事ができます。高速にプリントを行うと、どうしてもインクが乾かないまま、次の書類へのプリントが開始されてしまい、場合によっては次の書類にてインクが乾かないまま付着してしまう事があったり、インクが伸びてしまう事もあります。このようなトラブルを回避するための機能として、インクの乾燥を待つ機能があります。インクの乾燥を待つ機能はインクが乾燥するまで、次のプリントを行わないようにする事で、インクが伸びたり、他の書類に移ってしまったりするトラブルを防ぐ機能です。

インクが乾くまでには一定の時間がかかるため、この間はプリントアウトが行われず、プリントの仕上がりまでに時間がかかってしまいますが、インクトラブルになる事を考えると、ある程度の時間を待った方が時間の節約をする事ができるので、プリントアウトする内容によってはインク乾燥を待つ機能を活用すると良い場合もあります。インク乾燥を待つ機能を活用するプリントのケースとしては、写真を連続でプリントアウトする場合や、黒いインクを多用するプリントを連続でプリントアウトするケースです。こういったプリントを行う場合、インクジェットプリンターではたくさんのインクを消耗させ、紙にたくさんのインクを噴出させる事で高いクオリティーのプリントを行うことから、紙にインクが多く付着しているため、インク乾燥までには時間を置く事が大切です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


top